small bamboo

野球しようよ!

LPIC101 Linuxのインストールとパッケージ管理

スポンサーリンク

ハードディスクのレイアウト設計

主なディレクトリ

-----------------------------------------------------

 

別のパーティションに割り当て可能

/home 一般ユーザのホームディレクトリ

/usr 起動には不要なプログラムを格納

/var ログファイルなどの可変ファイルを格納

-----------------------------------------------------

別のパーティションに割り当て不可

/boot 起動に必須なプログラムを格納

/tmp 一時ファイルを格納

-----------------------------------------------------

別のパーティションに割り当て不可

/bin 一般ユーザ用のコマンドを格納

/sbin 管理者用のコマンドを格納

/etc システムの設定ファイルを格納

/lib 共有ライブラリを格納

/dev デバイスファイルを格納

-----------------------------------------------------

論理ボリュームを作成する主な手順

①PVの作成(pvcreate)

②VGの作成(vgcreate)

③LVの作成(lvcreate)

-----------------------------------------------------

ブートマネージャ

GRUB Legacyの設定ファイル「/boot/grub/menu.lst」

root (hd0,1)

GRUB1「0から数える」

GRUB2「ディスク番号は0から、ルートパーティションは1から数える」

-----------------------

GRUB1

/boot/grub/menu.lst
/boot/grub/grub.conf

-----------------------

GRUB2

/boot/grub/grub.cfg

 -----------------------

 

 

用語

・ルートパーティション
最上位のディレクトリであるルートディレクトリ(/)を割り当てたパーティション

スワップ領域

物理メモリに収まらなかった情報を一時的に格納する為の領域